さびときどききじ

静岡県掛川市の、きたがわ動物病院の獣医師によるブログです。業務とは無関係な記事の方が多いかもしれません。子供3人、猫3匹を養いつつ、木工、庭づくり、料理など、手作りにも果敢に挑戦しています。

ねこさんの口腔ケア

こんにちは。

掛川祭も終わり、診療も通常どおりとなりました。

朝晩は冷えますが昼間は暖かいので、自宅の猫たちも心地よさそうです。

 

そんな猫たちも11歳(さび茶)と10歳(キジトラ姉妹)となり、いっぱしの

シニア猫です。最近は、キジトラ2号の臼歯の汚れが目立つようになり、口腔ケア製品を使っています。

使用感や与えやすさなど、ネコさんの口腔のお話とあわせて紹介したいと思います。

 

わんちゃんの歯肉炎(歯垢、歯石が原因の歯肉の炎症)については、以前からお話していますのでご存知の方も多いかと思います。わんちゃんほどではないですが、猫さんも高齢になってくると歯石がついてきます。

歯石、歯垢のある場所では、口腔内細菌(悪玉菌)が増殖しています。これが歯肉の炎症の原因となりますので、コントロールが必要になります。

重度の場合は、抜歯やスケーリング(歯石除去)による根本治療、内服薬による補助的治療が必要ですが、そうなる前におうちでできる口腔ケア製品がありますので、ご紹介していきます。

 

「デンタルバイオ」

f:id:kitagawaanimals:20171010233625j:image

口腔内善玉菌(K12)を補うプロバイオティクス製品です。唾液の成分であるラクトフェリンも入っています。

錠剤ですが、「嗜好性が高い」ので継続して与えられます。

我が家の3頭に与えたところ・・・

 

さび茶:無理やり口に入れる(継続投与なんとか可能)

キジトラ1号:進んで食べる(継続投与可能)

キジトラ2号:たいそう嫌がる(継続投与不可)

 

という結果でした。

そう悪くないデータだと思いますが、猫によって好みはあるようです。

出来れば丸呑みではなく、少しの時間でも口腔内にとどめておけるといいですね。

 

「ペロワン」

f:id:kitagawaanimals:20171010234504j:image

チューブボトル入りの製品です。

ジェル状の内容を専用スプーンに出して、舐めさせたり指で口に入れたりして与えます。片栗粉の餡より少し硬いくらいでしょうか。匂いは特に感じません。

口腔内善玉菌(K12)、ラクトフェリン、グロビゲンPGの3つの成分が含まれています。ジェル状なので、口腔内にとどまる時間が長いのも魅力的です。

自宅猫3頭に試したところ、進んで舐めてくれる猫はいませんでしたが、3頭とも

指で歯肉にぬりこんだり鼻先につけたりして与えることができました。手間はかかりますが、確実に与えることができそうです。

 

f:id:kitagawaanimals:20171011114428j:image

 ちょっと憂鬱そうではありますが・・・。

 

「プロデンデンタルケア」

f:id:kitagawaanimals:20171011114404j:image

 

こちらは発売から数年たちますが、長く人気がありますね。

ふりかけ状で、フードにかけるだけというのも人気の理由かと思います。

天然の海藻成分が歯石・歯垢を軟らかくしてとれやすくしてくれます。

自宅猫にはまだ試していませんが、3頭ともフードは何でも食べるので、

気にせず食べそうな予感です。

 

デンタルケア製品もずいぶんと進歩して、いろんな成分や与えやすさが考慮されたものが多くでています。ドライフードそのものにデンタルケア成分が入ったものもあります。

口は自力で栄養を摂取するための大事な場所です。まずは一度、ご自宅の猫さんの口の中を見てみましょう!

 

もう一点、猫さんの口で特徴的な病気として、「口内炎」があります。

こちらは、歯肉だけではなく舌や口腔の奥などの複数個所の粘膜が赤く炎症を起こすものです。若い猫さん、歯石のない猫さんでも見られ、痛みを伴います。

はっきりとした直接的な原因は見つかっていませんが、ウィルスによる免疫抑制や細菌に対する過剰な免疫反応が関わっているともいわれています。

 こちらも、軽度の場合に自宅でできるケアとしては口腔内環境改善がメインになります。歯石の場合と同じように、痛くない範囲でケアしてみてください。

炎症や痛みがひどい場合は、病院での治療が必要ですのでご相談ください。

 

f:id:kitagawaanimals:20171011114555j:image

 私があれこれ試しすぎたせいで、不安に駆られて衣装ケースの後ろに隠れてしまった

きじとら1号・・・。

猫さんは、味そのものよりもそのときのムードが大事だったりします。

サプリメントを与えるタイミングや雰囲気も工夫してみるといいですね。

同じものでも、場所を変えると食べたりします。

写真のきじとら1号は、隠れて何かやらかすのが好きなので、人に見えない場所に置いておくと誰もいないときにこっそりなめたりしてくれるかも・・・と期待しています。

 

皆さんも是非、試してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

掛川祭(10.6~10.9)の際の診療時間変更について

こんにちは。

秋の空気が濃厚になってきましたね。

この時期は、卵からかえったマダニ(幼ダニ)の活動が活発になる時期です。

ハウスダスト(イエダニなど)も多くなり、秋の花粉(稲など)も飛び始めるため、アトピー性皮膚炎やマダニの寄生など、皮膚のトラブルが増えます。

お散歩から帰ったら、ブラッシングでマダニがついていないかチェックしましょう。

花粉など野外の環境アレルゲンを物理的に落とすのにも、散歩後のブラッシングが効果的です。

 

どうも毎年この時期だけ皮膚炎になるな~と感じるようでしたら、これらの環境アレルゲンによる皮膚炎の可能性があります。ひどい場合は、内服等で症状を抑えてあげる必要がありますので、ご相談ください。

 

さて、10月の掛川祭の際は、診療時間が変更になります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10/6(金)午前は10:30~12:00

             午後は15:00~16:00

 

10/7(土)通常どおりの診療

 

10/8(日)終日休診

 

10/9(月)午前は10:30~12:00

     午後は通常どおり(15:00~19:30)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

 

 

サーフフィッシング まさかの大物!

こんにちは。

きたがわ動物病院です。

 

はじめに臨時休診のお知らせです

                       

9月23日(土) 午後の診療は18:00にて終了です

9月30日(土) 終日休診です

                       

ご来院の多い土曜日の変更で申し訳ありません。

ご迷惑おかけします。よろしくお願いいたします。

 

さて

気候もだいぶ涼しくなってきました。

寒暖差のある季節は、心疾患を持った子たちにはつらい時期です。

呼吸がいつもより速かったり、咳き込むことが増える場合は

早めの受診をおすすめします。

 

さて、先日の砂浜釣りのお話です。

子供が寝ている間に出発すべく、AM4:00に目覚ましセット!

前日は早めに眠って準備も万端。

「よしゃー!行くぞー!」って飛び起きるとまだAM2:00・・・・・

俺は遠足当日の小学生か・・・と暗闇でしばらく茫然でした。

当然眼が冴えて寝れませんので、ぼちぼち準備をしてそのまま出発。

 

いつも釣り場についての一投目は、竿やリールのテストも兼ねて軽ーく投げてます。

その一投目でまさかのヒット!!

真っ暗で波も高め。どっちから引っ張られているかもよくわからない状況でしたが、

しばらくのやり取りの後、足元を見ると上がっていました・・・

f:id:kitagawaanimals:20170909175336j:plain

まさかのクロダイ

砂浜にもいるんですね~

 

釣れたルアーはこちら。

f:id:kitagawaanimals:20170909170212j:image

一投目でしたので、なくしてもいいようにと100均ルアーです。

今年の夏からはじめたルアーフィッシングですので、正直当初はルアーの種類もよくわかりませんでした。

そこで、いろんなメーカーの説明(私にとっては経典)を参考にルアーを集めてきた訳ですが、100均でいいんだ・・・

 

明るくなってくると、魚のあたりっぽいものはあるような気もするのですが、

針掛かりすることもなく時間が過ぎていきます。

 

 

そろそろ帰ろうかというところで、海底付近で強烈な重さが!

引けば寄ってくるので地球じゃなさそう!

これはでかいでしょー!とファイトを続けます。

ガンガン引く感じでは無いので、大きなヒラメか噂に聞くエイか!

なんて考えながら頑張ります。

巻けば寄ってきますが、10秒に1回くらいの割合で猛烈に沖に引っ張られます。

ただ、引かれるテンポがやけにリズミカル・・・

リズミカル・・・

 

 

波に揺られたゴミでした。

f:id:kitagawaanimals:20170909165749j:image

1m以上ある硬いビニール袋に海水が満載・・・

この袋にここまで心躍らせたおっさんは、世界広しといえども私だけでしょう。

釣りっていいね!(超前向き)

 

 

釣れたクロダイは38cm。

f:id:kitagawaanimals:20170909165842j:image

翌日、奥様がアクアパッツァにしてくれました。

料理は一瞬でなくなってしまい写真が撮れず。

浜で釣れる魚は水がきれいなせいか、港のものと比べると臭みもなくてとってもおいしかったです。

 

奥様の「高いルアー買わんでも、あんたは100円のでええんちゃうの?」を胸に、またサーフへ繰り出します。

 

 

 

 

9/3(日)終日休診です。

こんにちは。

朝晩の涼しい風に、少しずつ秋を感じられるようになりましたね。

 

ご連絡が遅くなりましたが、

9/3(日)は、終日休診となります。

ご迷惑おかけします。

また、9/30(土)も休診となります。

こちらは、また近くなりましたらブログにてお知らせします。

 

先日のお休みに、熱海経由で神奈川県の真鶴半島の海に行ってきました。

小さくて静かな漁港と、三ツ石海岸の海がとても素敵でした。

 

真鶴漁港↓

f:id:kitagawaanimals:20170901082150j:image

 

三ツ石海岸↓

f:id:kitagawaanimals:20170901082206j:image

岬は干潮のときだけ、先端まで行けます。岬の東側は、シュノーケリングポイント、西側は磯遊びポイントだそうです。

f:id:kitagawaanimals:20170901082237j:image

潮がひくと、岩場に小さなプールがたくさんできて、取り残された小魚やカニなど沢山見られます。

シュノーケリングでは、暖かい海の鮮やかな魚も沢山見られました。

個人的には、ウツボを直に見ることができて感激でした。

 

あまり親が夢中になってると、子供の事故になりますので、注意しないといけませんが…。

 

熱海からほんの二、三十分で行けるのも驚きでした。

 

また来シーズンが楽しみです。

 

8/29,30は、ウサギの診療がお休みとなります

こんにちは。

 

ホームページと当院受付にてお知らせしていますが、明日8/29と明後日8/30は、

ウサギさんの担当獣医師不在により、ウサギさんの診療をお休みします。

 

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

 

 

先日にひきつづき、ちょこちょこと釣果のある院長の夏の釣りです。

 

f:id:kitagawaanimals:20170828155137j:image f:id:kitagawaanimals:20170828155151j:image

こちら(左)は、マゴチ。となり(右)はさび茶です。

前々から似てる疑惑がありましたが・・・

疑惑は確信にかわりつつあります。

 

f:id:kitagawaanimals:20170828155207j:image 

けしかけると、不快そうなさび茶です。

魚は鮭と青魚が好みのようです。

 

マゴチは、お刺身にするとちょっと硬めですが、なかなかおいしくいただきました。

 

 

 

 

 

人生初ひらめ。

こんにちは。

きたがわ動物病院です。

 

暑い日が続きますね。

当院の夏季休暇は、8/22(火)~8/24(金)です。

お盆期間中も診療は行っていますので、何かあればご利用ください。

この時期は、診療に訪れる動物は少なくて、お預かりの子たちが増える傾向です。

皆さん帰省にレジャーにとお出かけなんでしょう。

うらやましいなぁ・・

わたしの分も楽しんできてください(笑

 

 

さて、今回はかなりニッチな話題で申し訳ありませんが「釣り」です。

夏場はわたしの好きなアオリイカはあまり釣れなくなってしまいます。

アオリイカは初夏に産卵するとそのまま死んでしまうそうです。

寿命はわずか1年。

ですからこの時期は、まだ孵化したばかりのちびっ子ばかりで釣れず、また海水温が

上がるために沖に出てしまうらしいです。

 

じゃあ、夏場は何を釣ったらいいんだろう・・

と悩んでいたところ、ご近所の気のいいおじさまが浜での「ひらめ」釣りに連れて

いって下さいました。

当日は何も釣れなかったのですが、サーフでルアーをぶっ飛ばすという爽快感にこの釣りがとても気に入りました。

 

コソコソと釣り具をそろえること1か月・・・

いよいよ実釣!

 

はじめは元気よく投げまくりますが、暑さで徐々に作業感がでてきます・・

釣り場で出会った方からは、「1000投で一匹掛かるかどうかだよ」なんてありがたいお言葉を頂いたりで徐々にモチベーションも低下気味。

やっぱり砂浜は山を作ってトンネル掘って遊ぶ方が向いてるなぁと思い始めた頃・・・

 

いきなり釣れました。

f:id:kitagawaanimals:20170813213631j:image

40センチちょっと位のひらめです。

針が尾びれに掛かっていたせいか、すごい引きでしたよ。

興奮しすぎて現場での写真は撮れませんでした。

 

早速帰って捌きます。

f:id:kitagawaanimals:20170813213639j:image

胃の中からはなんとイカ!

「さすがイカに愛される男!」と小ボケてみますが、ちびっ子たちは無視。

 

ひらめの口の大きさに夢中です。

f:id:kitagawaanimals:20170813213659j:image

イカより全然捌きやすくてらくちん。

釣りたての刺身は少し歯ごたえがありすぎましたので、翌日に家族みんなで食べました。

浜での釣りは、子連れでも楽しめそうです。

また行ってきます。

 

 

 

 

広告を非表示にする

巣立ちのとき

こんにちは。

 暑い暑い暑いですね~。

 

先日庭のハナミズキに巣を作った鳥は、調べたところヒヨドリのようでした。

ヒ~ヨヒ~ヨ!とやかましく鳴くのが特徴なようです。

そのヒヨドリの巣では、いつの間にかヒナが誕生し、親鳥が頻繁に虫をくわえて

運ぶ姿が見られていたのも束の間・・・・

自宅のベランダの窓を、サビ茶猫がパシパシとたたきながらニャオニャオ鳴いて

いるので、もしやゴキブリか~!?とのぞいてみると、

 

f:id:kitagawaanimals:20170801120827j:image

なんと、窓の向こうに手のひらサイズの灰茶のかたまりが・・・!!

小さなヒヨドリがこちらを向いてきょとんとしています。

さび茶の窓越し全力ネコパンチを、「なあに?」といった無垢な表情でうけながしています。

 

親鳥からエサをもらっていたヒナが、成長して巣立ちの時を迎えたのです(NHKドキュメンタリー風)。

この小さなヒヨドリは、しばらくベランダにいた後、よろめきながらも柵に飛び乗り、

自宅の庭をあちこちパタパタ舞いながら、やがて姿を消しました。

その間、上空の電線から親鳥のいつにも増してけたたましいヒ~ヨヒ~ヨという鳴き声が響いておりました。ヒナの巣立ちを見守っていたのでしょうか。

 

ベランダの柵にしっかりとウンチの置き土産。

 

その後1,2日、巣だったヒヨドリと思われるまだ幼いヒヨヒヨ声を庭で聞くことが

できました。

今は、空っぽの巣が残るだけです。

ちょっと人の気配が多いのがネックですが、その他は良好なこの物件、また誰かが

使ってくれないかな・・・と、そのままにしてあります。

 

それにしても、ヒナから巣立ちまでずいぶん早くないか??

と思い、調べたところ、ヒヨドリは巣立ちまで10日ほどだそうで、他の鳥よりも

早いようです。自宅のヒナも10日前後だったように思います。

野生の生き物のサイクルは、我々からするとあまりに早いですね。

うちのヒナたちはまだまだ、親の手を離れそうにありません。

 

 

さて、獲物を見つけたものの窓越しパンチではどうにもならず、がっかりの

さび茶です。

最近は、前にも増して奇行が目立ちます。

先日は突如、洗濯機に入ってしまいました。

f:id:kitagawaanimals:20170801121112j:image

洗濯物で湿度の上がった槽内でふつうに爆睡していたところを起こされて、

不機嫌顔です。

 

ソファでは必ず落ちるか落ちないかのラインを狙ってきます。

f:id:kitagawaanimals:20170801121131j:image

 

 

さて、先日当院に通院されているワンちゃんのオーナー様に、こんなものを

いただきました(写真左下の白い額縁です)。

 

f:id:kitagawaanimals:20170801121206j:image

ご趣味で、ドライフラワーを使った作品を作られているそうです。

 

f:id:kitagawaanimals:20170801121224j:image

白い柵の向こうにお花が咲き乱れています。

その中に・・・自宅のキジトラたちの仔猫のときの姿を入れてくださいました。

そして右手には、このブログに掲載されている子供の作った工作作品まで・・・!

この工作、私の中では「魔よけ」でして(笑)、実際庭のハナミズキの根元にこっそり

置いてあります。

鳥さんもいたりして、なんだか自宅の庭のよう・・・あ、でもこんなに素敵にお花は咲き乱れていませんが。

 

オーナー様がこれを下さったのは、なんとご自分のワンちゃんの開腹手術の当日。病変が確認されて以降、悩んだ末の手術だったため、不安も大きかったはずですが、笑顔でワンちゃんを預け、プレゼントまでいただきました。

改めて、ありがとうございます。

このわんちゃんは、無事に手術を終え、翌日元気よく退院していきました。

 

さて、暑い7月が終わり、8月はどうなることやら・・・。

最近、診察にいらっしゃったウサギさんで、キャリーバッグを開けると熱気がこもって

いる場合が時々あります。

キャリーバッグの中に、タオル等に包んだ保冷剤や凍らせたペットボトルなどを入れて空気を冷やしてあげると良いです。もちろん誤食には気をつけつつ・・・。

うさぎさんは暑さと湿気がとても苦手ですので、このくらい平気だろうと油断すると、あっけなく亡くなってしまうケースもありますので、十分注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする