さびときどききじ

静岡県掛川市の、きたがわ動物病院の獣医師によるブログです。業務とは無関係な記事の方が多いかもしれません。子供3人、猫3匹を養いつつ、木工、庭づくり、料理など、手作りにも果敢に挑戦しています。

春からのフィラリア予防についておさらいしましょう

こんにちは。

 

お正月気分も終わり、寒さに身も心もひきしめられつつ、今年も頑張っていきたいと

思います。

 

さて季節はまだ冬ですが、春からのフィラリア予防について、おさらいがてら

ご案内します。

 

フィラリア症は、蚊を媒介とする寄生虫感染症です。

フィラリアを持つ蚊にわんちゃんが刺されることで、蚊の唾液を通じてフィラリアの子虫がわんちゃんの体に皮膚から侵入します。

フィラリアの子虫は1か月ほど皮膚の下などの組織にとどまり、成長を繰り返しながら血管内へ侵入し、血液を養分として成虫になり、最終的には、わんちゃんの心臓(肺動脈や右心房)に寄生し性成熟して親虫になります。親虫は短めの素麺のような外観です。そのサイズの虫が何匹も心臓に寄生しますと、当然血液の循環に影響を与えますので、循環器系の症状が出ます。

さらに、親虫というからには、血液中に子供の虫を産出します。この子供の虫(ミクロフィラリアといいます)を血液中に持つわんちゃんを、新たに蚊が刺して吸血することにより、その蚊にフィラリアが入ることになります。

こうして、わんちゃんと蚊の間でフィラリアの生活環が成立します。

 

掛川市内では、予防をしていないわんちゃんで、ちらほらとフィラリア症の子が見られますので、是非予防していただきたい感染症です。

 

さてその予防薬ですが、大きく分けて、

①月に1回食べるお薬(おやつタイプ、錠剤)

②1度の注射で予防効果が1年間続く、注射タイプ

③月に1度つけるタイプ

 があります。

それぞれについて、簡単にご紹介します。

 

①は、最も多くの方が選ばれる予防方法かと思います。

「月に1度」を12月まで忘れずに続けられる方には、手軽でおすすめです。

 内服タイプには、様々な種類のお薬が発売されています。

ノミ・マダニの予防成分も含まれているものも数年前から発売されており、人気があります。こちらに関しては別項にてご紹介していきます。

 

②の注射タイプは、①を与え忘れてしまう方におすすめです。

数年前の発売から、年々打つわんちゃんも多くなったかと思います。

注射ですので、以下にお伝えするように注意点がいくつかあります。

 

*若齢または高齢のわんちゃん、持病の有無によっては打てない場合もありますので、ご相談ください。

 

*注射の場合、他のワクチン(混合ワクチン、狂犬病ワクチン)とは4週間ほど間隔をあけることが理想ですので、ご自分のわんちゃんの注射の流れを一度確認しておきましょう。

例えば、「フィラリア予防は4月、狂犬病は5月、混合ワクチンは6月」のように、流れを確認しておくといいと思います。

 

*混合ワクチンや狂犬病ワクチンは年間をとおして接種ができますが、フィラリアの注射は、製剤の特性上、当院では春の短期間のみ接種を受け付けています。

フィラリア予防の注射を希望される場合は、この間に他のワクチンより優先して打つ必要がありますので、やはり予防接種の流れをよく把握しておきましょう。

 

③のつけるタイプは、主にネコさんのフィラリア予防に使われています。

わんちゃんにも使えますが、フィラリアの予防だけを考えると金額的には割高になりますので、メジャーな方法ではありません。ただ、注射や内服を嫌がる子には、おすすめです。

 

ここまで、予防の方法についてお話しました。

おおざぱに言えば、「月に一度の内服か、注射か、またはつけるタイプか」の選択をまずしていただくといいです。

 

多くの方が選ばれるのが、①の内服タイプになるかと思いますので、内服薬のタイプ

についてお話しします。

内服薬は、大きく二つにわかれます。

ひとつは、フィラリア予防だけのもの、もうひとつは、フィラリア・ノミ・マダニ全てを一度に予防できるオールインワンタイプのものです。

 

いろいろなお薬が発売されていますが、当院で常時扱っているお薬をご紹介していきます。

 

 

まずは、フィラリア予防だけのものです。

一番メジャーなお薬は、お肉タイプのものです。

こちらはフィラリアとお腹の虫(回虫、鈎虫)の駆虫ができますが、主にフィラリアの予防薬としてメジャーなお薬です。余談ですが、駆虫成分のイベルメクチンは、2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞された大村智先生が静岡県のゴルフ場の土壌菌から発見したことで話題となりましたね。イベルメクチンは、ヒトの病気以外にもワンちゃんの感染症予防にも重要な役割を果たしています。

 

 その他、錠剤タイプもあります。錠剤が確実に飲める子であれば、金額的にも安いのでおすすめです。

 

 

次に、ノミ・マダニの予防もできるオールインタイプのお薬をご紹介します。

 

こちらは、フィラリア・ノミ・マダニの予防効果が一粒にまとめられているお肉タイプのお薬です。

ノミ、マダニはつけるタイプのお薬で予防することが多いですが、フィラリア薬をあげて、ノミ・マダニ薬をつけて・・と手間が増えると大変だと感じる方にはおすすめです。多頭飼育の方、つけるタイプを嫌がるわんちゃんにおおすすめです。

 

 

フィラリア症は、わんちゃんの感染症の中でも是非予防していただきたい病気です。

冬の間に、春からの予防について整理しておくといいですね。

なんだか頭がこんがらがって・・・という方は、ご相談ください(笑)。

 

 

フィラリアと併せて予防したい寄生虫として、ノミ・マダニがあります。

特にマダニは近年ヒトの感染症の原因としても有名ですね。

お散歩で草むらによく入る子、ドッグランやほかのわんちゃんとの接触が多い子などは、予防をすることをおすすめします。

マダニの予防は、春先の気温にもよりますが、近年では掛川では3月中旬頃から発生が見られています。3月はつい予防をわすれてしまいがちですが、フィラリア予防よりも先にマダニの予防が必要なエリアもありますので、気をつけましょう。

マダニの予防については、次回に掲載したいと思います。

 

1~2月は、猫さんで膀胱炎や尿路系の疾患での来院が増えます。

お水を飲む量や、排尿量や排尿の様子におかしなことがないか、気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

1/8(月)は午前中のみの診療です。

あけましておめでとうございます。。

本年も皆様にとってよき年となりますよう、お祈り申し上げます。

 

1/8(月)は、都合により午後は休診となります。午前中は12時までの診療

ですので、ご注意ください。

急な変更で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

 

 

年末のお休みに、家族で新江ノ島水族館へ行ってきました。

たくさんいた海の生き物の中で、院長が感銘を受けた生物はこちら。

 

f:id:kitagawaanimals:20180107121725j:plain

コウイカ

体長20センチほど。

日本の水族館にいながらも、この地球外生命体っぷりが素敵です。

 

名古屋港水族館ほどの規模はありませんが、その分ひとつひとつの水槽をじっくり

眺められるので、勉強になります。

 

f:id:kitagawaanimals:20180107121750j:image

 

お正月明けは、消化器症状のワンちゃんが多く来院しています。

人の出入りが激しく、普段と違う食べ物を食べる機会が多くなりますので、

嘔吐や下痢が出ることがあります。

症状が数日間続く場合や、食欲が極端になくなる場合などは受診しましょう。

年末年始の診療日

こんにちは。

 

年末年始のお休みのお知らせです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12/30(土)~1/4(木)は休診となります。

 

(12/28は木曜休診、年内は12/29(金)までです。)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

いよいよ遠州のからっ風が本格的に吹き始めました。

今年は、自宅の庭木がきれいに紅葉してくれたのですが、それもそろそろ見納めです。

 

 f:id:kitagawaanimals:20171212083828j:image

 

さび茶猫は相変わらず奇行を繰り返しています。

f:id:kitagawaanimals:20171212083933j:image

引き出しにアタック・・・

 

f:id:kitagawaanimals:20171212181532j:image

ストーブの上で暖をとり、ついつい爆睡してしまい、ギロチン状態です。

(よいこの猫さんは危険ですのでマネをしないでください。)

 

暖房器具による動物の火傷(低温火傷も含む)には十分注意しましょう。

 

フィラリア薬は12月中旬~1月初旬が最終になりますので、忘れず与えてください。

 

 

 

広告を非表示にする

週末の診療時間

こんにちは。

 

すでにホームページや病院ではお伝えしていますが、

12月の診療時間の変更を掲載します。

週末の診療時間が変更になるので、ご迷惑をおかけしますがよろしく

おねがいします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

12/ 2(土)は、午前のみの診療です(午後休診)。

12/ 2(日)は、終日休診です。

12/ 10(日)は、終日休診です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

最近、来春の小学校入学をひかえた長男が、ひらがな・カタカナの書き取りの

練習をしています。

 言われた短い文章や単語を、ひらがなとカタカナを交えて書き取るのですが・・、

 

f:id:kitagawaanimals:20171201091919j:plain

 

静岡。しずおか。しずぉか。

 

f:id:kitagawaanimals:20171201082857j:image

 

しぞーか。

 

6歳にして、立派な静岡県民です。

子供のすなおな感性を前にして、訂正するのをやめにしました。

 

新しいステップがうれしくもあり、さみしくもありますね。

 

 

 

 

広告を非表示にする

犬山城の屋根瓦

こんにちは。

急に寒くなりましたね。

この寒さになると蚊を見かけることはなくなりますが、フィラリアの予防は

蚊がいなくなってから1か月後が最後の投与になります。

12月の予防薬も忘れず与えてくださいね。

 

というわけで、じゃん!

f:id:kitagawaanimals:20171120104411p:plain

 

 

病院に掲示する予防薬のポスター風に・・・。

出演はきじとら1号です。

(ネコの予防薬はスポットタイプですので、「つけた」としています。)

鬼気迫る表情が気に入っています。

良ければPCの壁紙にどうぞ・・・なんてあつかましいことは言いませんので、

ご一笑ください。

 

さて気を取り直しまして・・・。

先日の休日に、愛知県の犬山城に家族で行ってきました。

木曽川の愛知県側の断崖絶壁にある名城です。

鵜飼のシーズンは終わっていましたが、たくさんの観光客でにぎわっていました。

 お城へ続く道は城下町風で、古い日本家屋もあり、だんごや軽食を食べ歩きながら

ぶらぶらとお城へ向かうことができます。

・・・が、目的はあくまで犬山城天守閣!ですので、食べ物の写真は割愛します。

 

お城の規模は決して大きくないのですが、戦国~江戸の雰囲気が凝縮された感じで

とても良いです。

f:id:kitagawaanimals:20171121094326j:image

10分ほど並んで順番に入城します。

 

大阪城名古屋城などの大きなお城と違って、博物館的な雰囲気はまるでなく、

靴を脱いで入ると、薄暗く、むきだしの石垣が間近に見られ、洞窟に入るような感覚

です。

当然エレベーターなんてありません。

f:id:kitagawaanimals:20171121094434j:image

激しく急な階段をみな、黙々とのぼっててっぺんを目指します。

各階の床は板の間で、人が歩くと時折ミシミシと音をたてます。

派手な展示物がたくさんあるわけでもなく、薄暗い部屋をぐるりと一周して、

また階段をのぼります。

f:id:kitagawaanimals:20171121094458j:image

 

板の間にはときどき隙間や穴が開いていて、下の階が覗けたりするので、

f:id:kitagawaanimals:20171121094751j:image

意外にも、子供達は楽しそう。

わけのわからない展示物がある大きな建物よりも、古い雰囲気そのままのスリルの

方が子供には楽しいようです。

 

 何度も階段をよじのぼり、ようやくてっぺんへ到達しました。

 

f:id:kitagawaanimals:20171121094553j:image

室内から外のテラス(城用語でなんというのでしょうか)的なスペースへ

出ます。

360度ぐるりとテラスを一周できるのですが・・・なかなかのスリルです。

手すりは大人の腰の位置くらい。

床はわずかに外側へ傾斜しています。

そこをたくさんの人が一列になってぐるりと一周してまわるわけです。

係の方が、「お子さんは必ず手をつないでくださいね~。」とおっしゃるのですが、

どちらかというと、自分が子供にしがみつくような感じです。

子供らはというと、恐怖心がないのか、ぐいぐいと手すりから身を乗り出します。

 

さて、子供らがどうしてそんなに身を乗り出すのかというと、

雄大な木曽川の流れに感動しているからでも、城下町を見下ろしているわけでもなく、

すぐ下の屋根瓦に理由があります。

 

お城の屋根瓦の先端部分の装飾をご覧ください。

f:id:kitagawaanimals:20171121115527j:plain

赤まるで囲った部分をよく見ると、

 

f:id:kitagawaanimals:20171121094654j:image

桃の形をしています。

葉っぱがついて、桃太郎が出てきそうな感じです。

 

前日に本当に偶然にも、「犬山城天守閣の屋根瓦に桃の装飾があるぞ~」という

情報をこども番組で見ていた彼ら。

身を乗り出して必死に屋根瓦を見つめておりました。

 

桃は一か所ではなく、屋根瓦のいたるところに施されており、いろんなパターンが

ありました。

f:id:kitagawaanimals:20171121094828j:image

テレビでは、魔よけのためと紹介されていましたが、詳しいことはわかりません。

 

「桃の写真撮っといて!」との指示で、足元の傾斜にびびりながら身を乗り出し、屋根瓦に向かってスマートフォンをかざしてなんとか撮影終了。

 

あぁ、怖かった・・・。

自撮り棒ってこういうときにこそ使うものじゃないでしょうか。

 

そんな母の闘いを全く気遣うことなく、子供らはぐいぐいと身を乗り出します。

「あれ、桃じゃなくてタコじゃないの?ねえ、ほらあれ~~。」

うう、確かに桃の実が胴体で、葉が足に見えるけど・・・、ここで議論するのは

やめませんか・・・?

「あれ、リンゴじゃないの?」

・・・もはやどっちでもいい。

遠くの景色を見て心を落ち着かせるのに必死な母。

 

なんとか落ち着いたところで、改めて眺めると実際素晴らしいパノラマビューです。

古めかしい感じもまた、大きなお城では味わえない臨場感を高めてくれます。

不思議なことに、上へのぼればのぼるほど、景色はいいものの孤独な感じが増します。

大地から離れていく感じがそう思わせるのでしょうか。

もしかしたら、どんなお城でも天守に立つ者というのは、この孤独感を常に心のどこかに持ち続けていたのではないか・・・

断崖絶壁の名城の天守閣は、数百年前そこに立った人の思いを感じさせてくれる、貴重な場所でした。

 

そんなことを思った後、激しく急な階段を今度は必死に降りて下界へ戻ります。

 

お城への道すがらの食べ歩き、お城の臨場感、意外にも子供うけが良い(高所恐怖症でなければ)ところもすべて含め、とても良い時間を過ごせました。

是非みなさんも行ってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

ハロウィン料理にもう一品

こんにちは。

きたがわ動物病院です。

 

まずお知らせです。

11/3(金)文化の日は終日休診となります。

よろしくお願いします。

 

さて、昨日はハロウィンでした。

皆さんどのようにお過ごしになったでしょうか。

正直、自分が子供のころはこんなイベントは知りませんでしたので、

なにをすればいいのかよくわかりません・・・

それでも我が家のちびっ子達は、折り紙で飾りを作ったり、とんがった帽子を

かぶってウロウロしたりと何やら楽しんでいる様子。

嫁も当日の晩御飯は、子供向けの料理を作るよと準備を進めています。

父は完全に置いてけぼり・・・・

 

悔しいので、何とかこの集団の先頭に躍り出るべく作戦を立てます。

①おいしいジュースを探す⇒嫁さんの料理に負ける

②おやつのプレゼントを用意する⇒嫁さんの料理に負ける

③おいしい料理を作る⇒料理できない・・・

④大きい魚を釣って刺身で出す⇒一発逆転できるかもしれない・・・

 

という事で、当日昼にいつもの砂浜へ。

f:id:kitagawaanimals:20171101112145j:image

今日は魚がよく跳ねます。

サーフでバシャバシャしているのはたいていボラでして、跳ねてる奴はあまり

釣れませんし、今の時期は臭いのでいらない。

ジャンプを無視して黙々とヒラメを狙います。

台風から数日だからか、なかなか当たりもありません・・・

こりゃ、置いてけぼり確定だなぁと諦めかけた時、また目の前で魚が跳ねました。

 

・・・ボラじゃないじゃん・・・・

 

気付いたのは14:00。

午後の診療開始は15:00。

急いで海の浅いところに狙いを変更。

 

釣れました。

f:id:kitagawaanimals:20171101110817j:plain

ブリの幼魚で、「ハマチ」とか「ツバス」と呼びます。

ヒラメと違って当日食べてもおいしいのでぴったりです。

大きい方は50cmくらい。

時間がない中、結構なファイトをしてくれて大慌てでした。

 

そのまま刺身で夜の食卓へ。

f:id:kitagawaanimals:20171101101043j:image

盛り付けも何もありませんが、量だけはあります。

男子2名は、わたしの今日の浜での武勇伝を華麗に聞き流し、うまいうまいと食べつづけて完食しました。

脂の乗りは今一つでしたが、さっぱりとしたおいしい刺身でしたよ。

相変わらずハロウィンな気分というのはよくわかりませんが、なんとか置いてけぼりは免れた父でした。

 

 おまけに近頃つれた大物です。

f:id:kitagawaanimals:20171101101450j:image

マゴチといいます。刺身がとってもおいしい魚です。

f:id:kitagawaanimals:20171101101325j:image

また暇を見つけていってきまーす

 

 

11月の休診日~&トカゲの孵化

こんにちは。

 

11月の休診日をお知らせします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

11/3(金)は休診となります。

11/2(木)の木曜休診と併せて2日間休診となりますので、通院の方はご注意下さい。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

夏の終わりの話になりますが、息子が保育園でトカゲ(カナヘビ)を捕まえて

きたことがありました。あれこれ生き物をお持ち帰りするのはいつものこと

だったのですが、なんとそのカナヘビが、捕まえた直後にケースの中で卵を

3つ産みました。

 

なんとストレスのかかる状況での産卵か・・・。

申し訳ないと同時に、生命力の強さに大変感銘を受けたわけなのですが・・・。

 

「息子の強い希望」で、人工的に孵化させることになりました。

(母とかげは庭に放しました。)

ケースに土とわらを敷いて、卵を置き、霧吹きで湿度を与えながら様子を

見たところ、1か月半ほどしたある日、ケースの中に1匹のちいさなカナヘビが・・・!

 

卵が3つあるだけのプラケースの中に、突然命がうごめいているのです。

自分の出産のときよりも感動してしまいました。

 

その後2,3日の間に残りのふたつの卵からもカナヘビが誕生しました。

 

 体調は3センチほど。

初めての世界がプラケースの中とは、かわいそうな気がしましたが、

またもや「息子の強い希望」でしばらくケース内でめんどうをみることに。

 

そこからは、エサを与えねばということで、庭で蚊や小さなクモを獲っては

ケースに投入する日々が1か月ほど続きました。

 

手頃なサイズの虫を捕まえるのが中々大変で、大きすぎると3匹ともビックリ

して隠れてしまいます。当たり前ですが、死んだ虫には興味を持ちません。

おかげで私の虫取りスキルは格段に上昇しました。

 

そうこうするうちに秋になり、餌である虫の確保が難しくなってきました。

ホームセンターのコオロギにだけは手を出したくないし、冬眠は自然の環境

でさせてあげたい(人工的な冬眠管理は難しいようです。)ということで、

息子を説得して、庭に3匹を離すことにしました。10月初旬のことです。

 

離す直前の写真です。

f:id:kitagawaanimals:20171024105406j:image

餌付けというのでしょうか、人の手をあまりこわがらなくなって

しまいました。

 

庭の一角に、公園で集めた落ち葉(虫つき)を敷き詰めて、レンガや木の枝

を置き、隠れ家をつくります。

f:id:kitagawaanimals:20171024164546j:image

なんとか彼らを本来の世界へ送り出せたことで、私もほっとしました。

その後、1,2週間は、息子たちが時々庭で彼らを見かけること

があったようで、どうやら環境の激変初期段階は乗り越えたようです。

庭は数年前からカナヘビが生息しているので、環境としては適している

はずです。

冬眠がうまくできれば、春にはまた会えるかもしれません。

 

そして、こちらも冬眠でもしそうな勢いの、サビ茶ねこ。

f:id:kitagawaanimals:20171024105213j:image

早くも毛布が手放せないようです。

 

環境アレルゲンによる皮膚炎の子は、そろそろおさまってくる頃

でしょうか。夏場食欲のなかったわんちゃんも、よく食べるように

なってきます。

それにかわって、心臓の持病があるわんちゃんなどは要注意の季節

です。腰痛や関節の痛みもでやすい時期ですので、ご注意ください。