さびときどききじ

静岡県掛川市の、きたがわ動物病院の獣医師によるブログです。業務とは無関係な記事の方が多いかもしれません。子供3人、猫3匹を養いつつ、木工、庭づくり、料理など、手作りにも果敢に挑戦しています。

ある日の庭で

こんにちは。

ゴールデンウィークも終わり、自宅庭の春の花たちも色褪せはじめました。

それとは逆に、子供達の庭遊びは勢いを増すばかり。

そんなある日の庭を写真におさめてみました。

 

f:id:kitagawaanimals:20170506104553j:image

半端なタイルやレンガでつくった、なにか。

ストーンヘンジを連想させます。

結局人間って、今も昔もこういう構造物を作ってしまうってことでしょうか。

 

傍らの花は、庭で終わりをむかえつつあるパンジー切り花にしたものです。

f:id:kitagawaanimals:20170506113757j:image

パンジーは、日向の花壇でどっば~と咲いているイメージが強いですが、

こんなふうに色んな色を集めて葉っぱつきで水にさせば、野の花のブーケのようですね。

 

オオデマリもきれいに咲いてくれました。

f:id:kitagawaanimals:20170506104618j:image

手のひらからこぼれるような真っ白なぼんぼり。

 そのままにして、立ち枯れる様子も見たかったですが、その後の雨風で

花がずいぶんおちてしまいました。

 

 ヤマアジサイは蕾が大きくなってきました。

f:id:kitagawaanimals:20170506104636j:image

この場所は、カナヘビニホントカゲの巣があるようなので、剪定や植え替えが

できず...ボサボサのままです。

 

冬の間、死んだように枝だけになって沈黙していたスモークツリーも、

花をつけてくれています。

 f:id:kitagawaanimals:20170506181055j:image

花の後のフワフワの綿毛が楽しみです。

 

 生垣(目標)のプリペットも日に日に葉色が明るくなります。

f:id:kitagawaanimals:20170506104808j:image

ライムグリーンの柔らかな枝葉を登って...、小さなカナヘビが顔を出しました。

 

我が家で一番小さな霊長類は、大工仕事にチャレンジ中。

f:id:kitagawaanimals:20170506104825j:image

3歳にして、おっちゃんの風情を感じます。

ポロシャツの襟もまた...。

 

できた作品はこちら...。

f:id:kitagawaanimals:20170506104837j:image

この子の処遇はどうしたものか...。

玄関に置いておけば、魔よけになるかもしれません。

 

 

湿度もあがり、蚊もブンブンとんでいます。

わんちゃんのフィラリア予防は5月中旬ころには始めましょう。

 フィラリア予防の内服は、基本的にフィラリアに感染していない子が飲むお薬です。

感染している状態で飲むと、血管内のフィラリア子虫が一度に死んで、ショックを起こす可能性があります。

昨年の予防がきっちりできていない場合は、感染がないか血液検査をする必要がありますので、ご相談ください。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする