さびときどききじ

静岡県掛川市の、きたがわ動物病院の獣医師によるブログです。業務とは無関係な記事の方が多いかもしれません。子供3人、猫3匹を養いつつ、木工、庭づくり、料理など、手作りにも果敢に挑戦しています。

ねこにクリスマス

こんにちは。

 

先日、庭先で飼っているカブトムシの幼虫の糞を集めて、庭の肥料としてまいてみました。

(画像はありませんのでご安心ください。)

 

幼虫たちはバケツ(ふたつき)に入れた腐葉土の中にいるのですが、糞を一掃するために、彼らをつまみだし、土をふるいにかけて、糞だけを回収したところ、小さめのバケツに一杯集まりました。

庭にまくのに十分な量です。

形も市販の肥料みたいな俵型で、まさに肥料感覚。

幼虫たちの無事も確認でき、一安心。(詳細な描写は割愛します。)

楽しい作業ではないですが、庭のため、幼虫のため、息子たちのため、今後も続けていこうと思います。

自分で自分を褒めてあげたい、母でした。

幼虫たちには、新たに庭の落葉樹の落ち葉を集めて砕いたものを土に混ぜてあげました。

虫たちと土、植物のサイクルを息子に話してやると、

 

「輪っかになってぐるぐるまわってるんだね~~。」

 

庭で育つものは、植物や虫だけではないですね。

 

 

そうこうするうち、クリスマスですね。

 

 クッションで丸くなるサビ茶ねこに、即席のクリスマス的飾り付けを施してみました。

 

f:id:kitagawaanimals:20161215195259j:image

 

そして数分後、

f:id:kitagawaanimals:20161215195912j:image

 

木目調のボディにクリスマスカラーの赤が映えます。

ねこにクリスマス・・・、小判と同じくらい無意味なものでしょうね。

 

 

きじとら1号は、この寒い中毎朝ベランダの猫庭をうろつくのが日課です。

 

f:id:kitagawaanimals:20161216111644j:image

朝イチでベランダへの窓を開けてやるのが、彼女との唯一のコミュニケーションです。

このときだけは、自分から「キキー」と鳴いて窓を開けてと訴えに来てくれます。

小さなことからコツコツと。

目標は、一緒に布団で寝てくれることです。

 

さて、最近すっかり自宅ネコのブログになってしまっていますが、

 

 次回は、術後やケガの際のエリザベスカラーのお話を掲載する予定です。

避妊・去勢手術がこれから・・・という方はぜひ、ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする