さびときどききじ

静岡県掛川市の、きたがわ動物病院の獣医師によるブログです。業務とは無関係な記事の方が多いかもしれません。子供3人、猫3匹を養いつつ、木工、庭づくり、料理など、手作りにも果敢に挑戦しています。

お魚をいただきました

こんにちは。

きたがわ動物病院です。

 

保育園の運動会も無事おわり、ほっと一息の今日この頃です。

昨年は、父が抱っこしてゴールした徒競争も、今年は元気に走ってくれました。

毎日見ているとずーっとガキンチョな気がしますが、成長しているんだなぁ。

来院する患者さんの多い土曜日が休診となってしまい、多くの方にご迷惑をおかけしました。申し訳ありません。

 

今日は、患者さんにいただいたお魚をご紹介します。

船で釣りに行くのが趣味だそうで、時々持ってきてくれるのです。

普段小魚しか釣ったことがない子供たちは毎回大興奮。

肉より魚派の一家ですので、いつもとっても盛り上がります。

 

はじめはサバです。

f:id:kitagawaanimals:20161005103534j:plain

まな板が40cmくらいですのでかなりの大きさ。

釣ったら楽しいんだろうなぁ・・・

「上向いちゃってるじゃん!」

「早く殺してあげると腐るのが~」と説明している途中で、

「首から何か出てるじゃん!」

「血を出してあげると~」の途中で

「これオス?メス?」

興奮期の子供の頭のなかってこういう興味がぐるぐるしてるんですよね・・・・

f:id:kitagawaanimals:20161005103604j:plain

3枚におろして、これは味噌煮にしてもらいます。

ちなみに捌くのは父、料理は母の担当です。

少し塩を振って置いておくと、身が締まってよりおいしいですよ。

 

次はアラという魚だそうです。

f:id:kitagawaanimals:20161005103620j:plain

顔が怖くて若干引き気味のちびっこ達を横目に、ちゃちゃっと捌きます。

これは刺身に。

「目が飛び出てるのはなんで?」

「深いところの魚は~」と説明している途中で

「うろこがないじゃん!」

「オス?メス?」

回答が追い付かないのでこのあたりからはほぼ子供を無視で進んでいきます。

 

次はカサゴです。

f:id:kitagawaanimals:20161005103638j:plain

背びれと胸鰭の棘が激しいです・・・

毒は無いそうなのですが、はじめにハサミでそこだけ切り離しておろしました。

「棘は撃てるの?」

「口が開いてるのと開いて無いのがいるじゃん?」

質問が多すぎるので

「・・・・まぁ、そういう事もあるよね」程度に答えていきます。

 

最後にカワハギです。

f:id:kitagawaanimals:20161005103753j:plain

皮を剥ぎやすいので「カワハギ」だそうですのでやってみます。

f:id:kitagawaanimals:20161005103650j:plain

ヒレの部分だけ切り離せば本当にスルッと剥けました。

傷をつけなければ肝がおいしいよ。と教えていただいたのですが、

ぎりぎり傷ついてしまったため、これも刺身に。

次は使い捨ての手術用メスでチャレンジしてみます。

 

刺身の完成。

f:id:kitagawaanimals:20161005103724j:plain

このあたりでちびっこ達は寝る時間に。

食べたい食べたい!と大騒ぎでしたが、

「子供に生魚はなぁ」とか「歯磨きしちゃったでしょ」などと適当に断る理由を並べた結果、各魚を一切れずつ奪われただけですみました。

 

f:id:kitagawaanimals:20161005103734j:plain

身が締まって、甘味があって、すごくおいしかったです。

ごちそうさまでした!!