さびときどききじ

静岡県掛川市の、きたがわ動物病院の獣医師によるブログです。業務とは無関係な記事の方が多いかもしれません。子供3人、猫3匹を養いつつ、木工、庭づくり、料理など、手作りにも果敢に挑戦しています。

ドッグランに屋根を!第二回

こんにちは。

7月半ばに入りました。

そろそろ夏休みへのカウントダウンが始まるころでしょうか。

 

小学一年生の長女は、これまでずっと保育園でしたので、「夏休みとはなんぞや?」状態です。

「え、1か月ずっと休みなの?」「学校とかないの?」「え?え??」

 

・・・あまりにしつこく聞くので、大人はうらやましくなってしまいます。

長女にはぜひ、宝石のように輝く夏休みを過ごしていただきたいと思います。

 

365日Holidayの飼い猫たちはといえば、

この暑さでさすがに日中はどろろ~んとしています。

 

f:id:kitagawaanimals:20160708230658j:image

 

目は開けつつも、意識は若干遠のいて。

 

タフガイ(避妊メス)のキジトラ1号も、

 f:id:kitagawaanimals:20160712175007j:image

さすがによれっとしています。

「太ってると熱がこもるんやぞ!」

そんな飼い主の避難も届かず・・・最近は、高い棚の上に置いてあるパウチのウェットフードを、夜中に噛みちぎって盗食するのがマイブーム。

毎朝、床にバキバキにちぎって食い荒らされたパウチの残骸が落ちていて、朝からムキ~~っとなります。

 

ネコさんは、野生の能力を多く残したまま、人間社会に適応してきた生き物です。

狩りの本能というのは、生きる活力でもあるので、それをなるべく尊重してあげるのが長生きの秘訣かもしれません。

とはいえ室内ではネズミも獲れませんので、例えばペットボトルに好きなおやつやフードを入れて、自分で食べ物を得る時間を作ってあげるといいですね。

頭と体を一緒に使うって、きっと動物にも大切なことじゃないのかなと思っています。

 

パウチの置き場所は変えるつもりですが・・・。

 

さて、この暑さの中、ドッグランの屋根をつける作業が続いています。

 

f:id:kitagawaanimals:20160715172044j:image

前回ペイントした角材を、Somaliさんがさくさく組み立てていきます。

 

手が空いているときは、院長が助手になります。

 ボルトで角材を留めるのをお手伝いしたところ、

 

f:id:kitagawaanimals:20160715172209j:image

やりすぎて角材が一部破損。

院長のDIYにはやりすぎがつきものですので、特に驚きはありません。

 

割れた木っ端が転がっていました。

f:id:kitagawaanimals:20160715172222j:image

あまりくだらない写真は載せたくないのですが・・・つい載せてしまいました。

 

さて、ついでにsomaliさんにお願いしていた、診療案内の札の診察日バージョンが完成しました。

 

f:id:kitagawaanimals:20160712174926j:image

あぁ、素敵。

紐もいちいち可愛いです。

 

(割れた木っ端の後に見ると、ほっとしますね~。軌道修正成功。)

 

裏返すと、

f:id:kitagawaanimals:20160712174936j:image

お昼休みバージョンになります。

時計が3時になってます。

前回描いて頂いた休診日バージョンと合わせて、全て縁取りの模様が違っていて、とっても素敵です。

 札をかけるたびにいい気分になります、きっと。

 

ドッグランの方は、次は屋根の梁がつくのかなと思います。

基礎からちょっとずつ建物ができていく様子が内側から見れてとても楽しいです。

次回も、邪魔にならない程度に現場をうろちょろして写真を撮っていこうと思いますので、お楽しみに。