読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さびときどききじ

静岡県掛川市の、きたがわ動物病院の獣医師によるブログです。業務とは無関係な記事の方が多いかもしれません。子供3人、猫3匹を養いつつ、木工、庭づくり、料理など、手作りにも果敢に挑戦しています。

フウセンカズラで検索、検索、検索

こんにちは。

 
先日、クリスマスローズの種から芽が出た!とご紹介した写真の苗(こちら↓)が、
全く別の植物だったことが発覚しました。
 

f:id:kitagawaanimals:20160511094353j:plain

 というのも、庭のクリスマスローズの花壇の下に、こんな光景が・・・。

f:id:kitagawaanimals:20160601113951j:image
 
小さくても、どう見てもクリスマスローズです。
こぼれ種か花壇の株が下をくぐって芽を出したのか・・・。
    
ということは、ベランダの苗は別の植物・・・。
つまり別の植物の種をまいたということになります・・・。
 
そこで、半年前の記憶を掘り起こしてみたところ、
(以下、回想です。)
 
クリスマスローズの種を集めていた頃、子供も  ほうぼうから種を拾ってきていました。
まいた種、今思えばフウセンカズラの種に似ていた・・・。
 
院長に話してみたところ、
「あの頃、フウセンカズラの種めっちゃ集めてたよ。」とのこと。
 
画像検索「フウセンカズラ 種 」。
 
やはり。
 
…画像検索「フウセンカズラ 芽 」
 
間違いない。
 
今、ベランダでスクスク育っているのは、フウセンカズラ
 
推測すると、子供が持ち帰った種を封筒に入れて保管したまま、同時期に収穫したクリスマスローズの種と混同してしまったようです。
 
そうか。君はフウセンカズラなのか。
 
...検索「フウセンカズラ 育て方 」(気持の切り替えは早いほうです)
 
わかりやすい検索履歴がPCに刻まれていきます。
 
どうやら、フウセンカズラは気温が上がるとグングン成長してつるを伸ばすそうですので、近いうちに植え替えないといけません。
 
気分は早くもグリーンカーテン(気持の切り替えはかなり早いほうです)。
 
ただし、反省も忘れてはいけません。
収穫した種の管理は丁寧に。
 
夏の庭は暑さとの闘いですが、涼し気なグリーンになってくれるのが楽しみです。
 
 
最近の自宅のネコたちは、
 
f:id:kitagawaanimals:20160601144401j:image
ぐでっとしたり、
 
f:id:kitagawaanimals:20160601144445j:image
逆のの字になったり。
こわがりのキジトラ2号も、あたたかくて気分がいいのか、人目につく場所でくつろいでいます。
猫は本当に気分屋です。
 
ベランダの猫庭で日向ぼっこ中も、気分がいいので写真撮影に応じてくれます。
 
 f:id:kitagawaanimals:20160605223444j:image
花冠のお嬢様。
(目つきが悪いのは日差しで縮瞳しているせいです。)
花はオレガノ・ケントビューティ。
花の雰囲気も名前も素敵です。
 
虫がつかず、猫に食べられず、ベランダの乾燥と半日蔭と子供の襲撃に耐えられる植物を探すのが大変ですが、もうちょっと植物を増やしたいなあと思っています。
 
梅雨がせまっていますが、湿気の苦手なわんちゃん、うさぎさんは体調管理に特にきをつけてあげてくださいね。