読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さびときどききじ

静岡県掛川市の、きたがわ動物病院の獣医師によるブログです。業務とは無関係な記事の方が多いかもしれません。子供3人、猫3匹を養いつつ、木工、庭づくり、料理など、手作りにも果敢に挑戦しています。

リーフレット収納にスライド引き出しを作ります

こんにちは。
きたがわ動物病院です。
 
本日は久々に木工製作のご紹介です。
動物病院って、非常にたくさんのパンフレットを在庫しています。
内服薬、外用薬、ワクチンおよびフード各種・各社と種類は非常に多岐にわたります。
処方する際はできるだけ詳細にご説明させて頂くようにしてはいるのですが、
自分の日本語能力の問題もあり(日本人ですが・・)うまくご理解いただけたかは常に不安です。
 
尿石症の患者さんの場合を例に取りますと、
①病状のお話
②どうしてなってしまったのか
③食生活の改善とフードのお話
④内服薬のご説明
⑤今後の治療方針のお話
と内容は様々です。
これをお話だけで御理解いただこうと頑張ると、しゃべりすぎて酸欠になります。
そんな時に便利なのが各種リーフレットです。
わたしの説明より、図や写真があるとかなりすんなりこちらの意図が伝わります。
 
ところが最近このリーフレットが多くなりすぎて、行方不明事件が多発しています。
そこでこれらを収納しておく引き出しを作製する事になりました。
 
こちらが完成図。
f:id:kitagawaanimals:20150710100413j:image
受付の棚の下に、これまた自作の棚があります。
ここに2種類の幅のリーフレットをそれぞれ収納できる引き出しを作ります。
奥行きが深すぎて使いにくいため、底にスライドレールを取り付けて取りだし
やすくしてみました。
 
材料はこちら。
f:id:kitagawaanimals:20150708103708j:image
以前棚板として使って集成材が余っていましたので側板として再利用。
スライドレールも何かの家具を分解した際の余りです。
 
前板はこちらのオーク。
f:id:kitagawaanimals:20150708103725j:image
硬くて傷が付きにくいので、ちびっこの手の届く場所にはぴったりです。
オーク(楢)は、無印良品の家具によく使われています。
ウィスキーの熟成樽にも使われる木材で、加工中はとても良い臭いがしますよ。
サントリーの「白州」などはこの香りがしっかりしていてとても好きです。
高いのでめったに飲めないですけどね(笑
 
前板の加工です。
幅が足りませんでしたので2枚の板を接ぎ合せます。
f:id:kitagawaanimals:20150708103736j:image
上下を強く圧着させると板と板に段差ができやすくなりますし、写真の手前もしくは奥方向に板がたわみます。
赤色のクランプを使ってまっすぐな木を添える事でこれを防ぐ事が出来ます。
 
前板を寸法にカット。

f:id:kitagawaanimals:20150708103827j:image

近頃はノコギリでの切断面の直角がだいぶ出るようになってきました。

手ノコで直角を出すコツはとにかく板を水平に置く事。

これが私にとっては上手くいかない一番の要因でした・・・

当たり前のことだったのですが完全に盲点で、気づくまでに半年かかりました(笑

水準器を切断線にあてていつも確認をしています。

 

電動の丸ノコを使えば簡単に出せるのでしょうが、わたしは生涯使わないことに決めています。

怖いのが一番の理由。

万が一指が無くなっちゃったら手術できなくなってしまいますから・・・

 

今回は引き出しの底板を溝を掘ってはめ込む形にしてみました。
f:id:kitagawaanimals:20150708103801j:image
トリマーという道具を左に見えるガイドに沿わせて使う事で行います。
 
前板以外を仮組みしてみます。
 f:id:kitagawaanimals:20150710111838j:image
なんとなく上手くいっていそうに見える角度で写真を撮っていますが、
実はトリマーで掘った溝が曲がってしまっていたりと、見えない裏側は結構なダメージ加工になってしまいました(笑
 
 
全体を研磨します。
写真は前板の研磨後です。
f:id:kitagawaanimals:20150708103852j:image
 
ワトコオイルのナチュラルで塗装。
f:id:kitagawaanimals:20150708103906j:image
オークは暖かい感じの色合いになります。
 
 
底面に付けるスライドレールの取り付けです。
f:id:kitagawaanimals:20150708103924j:image
レールがきっちり平行になるようビス止めします。
このレールはスライド部分が分離できないタイプのため、
この後引き出しを裏から止める形になりますので少し作業がしにくいです。
 
 
引き出しをレールに取り付けます。
f:id:kitagawaanimals:20150708103650j:image
 
これまた余り物の取っ手を付けたら完成です。
f:id:kitagawaanimals:20150710100406j:image
奥のリーフレットを取り出しやすくするため、引き出しの上は少し開けてあります。
もっと大きく引き出せるスライドレールならこうする必要もなかったのですが。
 
寸法をぎりぎりで作りすぎてしまい、片方の引き出しが少し硬いです・・・・
雨続きの湿気のせいで、木が膨張しているせいだと勝手に納得(笑
 
今後はリーフレット探しに院内をがさごそしなくても済みそうです。