読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さびときどききじ

静岡県掛川市の、きたがわ動物病院の獣医師によるブログです。業務とは無関係な記事の方が多いかもしれません。子供3人、猫3匹を養いつつ、木工、庭づくり、料理など、手作りにも果敢に挑戦しています。

子猫の里親さんを募集しています(8/10 追記3回目)→募集は終了しました(8/14)

子猫の里親募集

下記の黒猫さんは、本日無事に里親さんにひきとられていきました。

後肢指の剥離も気にすることなく、暖かく迎えてくださいました。

 

ここまで丁寧に通院・お世話をしてくださった保護者の方にも感謝しています。

皆様の暖かい気持ちで生かされる命があるということを、改めて感じますね。

 

ブログを見て、見つかるといいねと声をかけてくださった通院の飼い主様も、

ありがとうございました。

黒猫さんの新たな門出を喜んでいただければ嬉しいです。

                            8/14 追記

・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

こんにちは。

今日も黒猫さんの診察がありましたので、写真の追加と経過を報告

します。

8/10現在、体重は1.15kgです。

写真を3枚載せます。

3枚目は後肢の傷ですが、かなり皮膚が盛ってきたので、生々しさも

ないかとおもいます。

f:id:kitagawaanimals:20150810111618j:image

f:id:kitagawaanimals:20150810111627j:image

先週の白眉も目立たなくなってます。

f:id:kitagawaanimals:20150810111644j:image

前回の写真より治癒しているのがよく分かります。

テープ交換ももうすぐ必要なくなるでしょう。

後は、里親さんを待つばかりです!

 

…………………………………………………………………………………

 

里親募集中の黒猫さんの写真を追加します。

8/3現在、体重は1.05Kg。順調に増えています。

動きもよく、診察台からジャンプしそうな勢いですが、後肢のテープ交換には

慣れていてよく我慢してくれるいい子です。

 

以下に写真を5枚掲載しますが、5枚目の写真が後肢の生傷の写真ですので、

苦手な方はお気をつけください(それほどひどくないですが念のため)。

 

f:id:kitagawaanimals:20150805101152j:image

結膜炎も治って、お顔の毛も生えてきました。

 

f:id:kitagawaanimals:20150805101210j:image

びっくり顔。

新たに生えた毛が少し白っぽくて白眉風です。

 

f:id:kitagawaanimals:20150805101239j:image

 

f:id:kitagawaanimals:20150805101251j:image

 

後肢の傷の現状です。

 

f:id:kitagawaanimals:20150805101324j:image

 剥離した指の傷も新たな皮膚で覆われてきました。

中心の赤い部分は専門用語で「肉芽(にくが)」と言います。

皮膚の欠損部分が治ってゆく過程でできる組織の盛り上がりで、

このように赤くなるのは「良性肉芽」といいます。

反対に白っぽくなってしまうのは「不良肉芽」で、血流不足から治癒が遅れます。

この子は順調な回復の最中というわけ。

あと1~2週間もすれば完治に向かうと思います。

すごい回復力です。若いって素晴らしいですね。

野生の生命力を実感させられます。

 

引き続き皆様からのご連絡をお待ちしております。  (8/5)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

子猫さんの写真を新たに撮りましたので、更新します。

7/27現在、体重は900gに増えました。

後肢の傷の治癒も順調です。

f:id:kitagawaanimals:20150727112328j:image

f:id:kitagawaanimals:20150727112343j:image 

f:id:kitagawaanimals:20150727112400j:image 

 

                             (7/25 更新)

………………………………………………………………………………………………………

こんにちは。

 
先日、当院に通われているワンちゃんの飼い主様が、御自宅の敷地内で
子猫を保護されたとのことで、ただいま里親さんを募集しています。
 
 現在体重は650g(7/20現在)で、おそらく5月頃に生まれたと思われます。
性別は雌です。
 
発見時、左後肢の指先に裂傷が見られ、第二指(人差し指)が剥離していました。
現在は第二指は失われたものの、患部は順調に治癒に向かっており、今後の生活に
大きな支障はないと思います。
猫風邪による結膜炎もありましたが、こちらも治療により回復中です。
ノミの寄生も見られましたが、駆除薬(レボリューション)により、駆除済みです。
初回の混合ワクチン(3種)は接種済みです。
 
f:id:kitagawaanimals:20150724162455j:image
f:id:kitagawaanimals:20150724164153j:image

 

 保護された際は、怪我や結膜炎などでかわいそうな状態でしたが、
めげることなく、とても人懐こい性格で、メキメキと回復中です。
後肢の怪我にもかかわらず、よく動くので撮影が大変でした。
(そんなわけでピントの甘い写真で申し訳ありません・・・)
 
f:id:kitagawaanimals:20150724164945j:image
現在は後肢の治療のため、保護された方が通院してくださっています。
とても丁寧にお世話をしていただいているので、経過も良好です。
 
里親さんにお願いすることは、
 
①終生 、室内で飼ってあげてください。
②6カ月を目安に避妊手術をしてあげてください。
③年に一度、混合ワクチンを接種してあげてください。
 
この3点です。
 
この子だ!
と思われた方は、是非ご連絡をお願いいたします。
当院ホームページのお問い合わせフォームからメールで、もしくは直接お電話
にて御連絡ください。