さびときどききじ

静岡県掛川市の、きたがわ動物病院の獣医師によるブログです。業務とは無関係な記事の方が多いかもしれません。子供3人、猫3匹を養いつつ、木工、庭づくり、料理など、手作りにも果敢に挑戦しています。

川根温泉プール⇒急患対応の一日

こんにちは。

きたがわ動物病院です。

 

いよいよ夏本番も間近となってきました。

ちびっこ達の保育園でもプールが始まりましたので、

「水遊びって楽しい!」の先入観を植え付けるため川根温泉に行ってきました。

 

プール内は撮影禁止ですので写真はHPからお借りしました。

こちらには何度か伺っているのですが、従業員の方たちがみなさんとても

親切でいつも気持ちよく利用させていただいています。

特にプールの監視員さんは気さくに話しかけてくださる方が多く、

うちのちびっこ達も大盛り上がりでした。

 

子供料金も無料ですので、少しガソリン代は掛かりますがお得です。

 

今回は父と子供3人の組み合わせでした。

勝手気ままに流されていく彼らをサポートするのにヘトヘトになりましたが、きゃっきゃ言いながらはしゃぐ姿を見るにつけ気持ちは充分癒されました。

 

プール上がりはお決まりのアイスを食べに2階のテラスへ。

今回は、機関車トーマス好きの次男のため、大井川鉄道のSLを見せてあげる約束でした。

SLが通過する時刻になると館内にそれを知らせるアナウンスが流れます。

テラスは初夏の川根が一望できます。

f:id:kitagawaanimals:20150708103503j:image

 

しばらくするとSLが通過。

見物の人のために速度を落としてくれているのかな。

とてもゆっくりみることができました。

f:id:kitagawaanimals:20150708103544j:image
 
 
 
SLをとっても楽しみにしていた次男ですが、
サービスのためか何度も鳴らしてくれた大音量の汽笛にびびって終始硬直していました(笑
f:id:kitagawaanimals:20150708103529j:image
 
その後、温泉⇒晩御飯⇒帰宅の予定だったのですが.....
病院から急患の連絡が!
大急ぎで帰宅します。
ちびっこ達は予定変更で相当荒れると思ったのですが、
プールで相当疲れたのかさほどの抵抗もなく撤収できました。
もしかしたら、獣医さんという仕事を少しずつ理解してくれているのかな、
などと思いつつ、爆睡する彼らを乗せて車を走らせます。
 
 
患者さんは、ご家族が誤って落としてしまった鶏の手羽中を大急ぎで丸のみしたわんちゃんでした。
写真の真ん中に、斜めになった骨がみえるでしょうか?
f:id:kitagawaanimals:20150708114145j:image
 
鶏の骨は、わんちゃんに与えてはいけないものとして有名ですが、
理由は折れると端が鋭く尖るため消化管に穴を開けてしまうため。
幸い折れてはいませんが、このサイズですと便として排出はまずできません。
嘔吐させるか即手術(胃切開)かのどちらかになると思います。
 
吐かせる事で食道内で骨がとどまってしまう危険性もありますので、
今回はすぐに麻酔⇒手術に入れる準備を整えた後、催吐処置を行いました。
わんちゃんは10回近く嘔吐を繰り返し、何とか骨を吐きだす事ができました。
嘔吐は苦しかったでしょうが、手術となるよりは良かったよね。
よく頑張りました。
 
(今回のケースは胃内の骨がたまたま食道方向を向いていましたので嘔吐を試みましたが、
通常は手術を選択する異物のサイズです。)
 
気付けば外はもう薄暗い。
仕事と育児の両立を実感した一日でした(笑
親の仕事のために、ちびっこ達にはときどき寂しい思いをさせてしまいます。
まだまだ幼くて、一緒に遊ぶ時間が少なくなってしまう事を納得してもらうには難しいかもしれません。
今はただ、親って一生懸命仕事する生き物なんだなぁって感じてもらえたらうれしいです。