さびときどききじ

静岡県掛川市の、きたがわ動物病院の獣医師によるブログです。業務とは無関係な記事の方が多いかもしれません。子供3人、猫3匹を養いつつ、木工、庭づくり、料理など、手作りにも果敢に挑戦しています。

ねこの浅漬け

こんにちは。
雨続きで 湿度が高くなってきましたね。
雑菌の繁殖にはもってこいの条件・・・まな板、スポンジ、ふきんに洗濯物。
…だけではありません!
わんちゃんの皮膚も要注意です。
湿気や皮脂の分泌が増えると、雑菌やカビ(マラセチア)が増えて皮膚炎を起こします。
特に脚先。雨あがりのお散歩の後は、濡れた手足の指間を拭いてあげて下さいね。
指間が赤かったり、よく舐めている場合は、皮膚炎を起こしている可能性があります。
また、耳の中(外耳)も湿気がこもって雑菌・カビが増えやすくなります。
首や耳の後ろを掻いている様子が頻繁に見られる場合は、外耳道炎の可能性があります。
思い当たる点があれば、ご相談下さい。
 
 
さて、最近、自宅のキジトラ姉妹の寝床用にちょうどいいカゴを購入しましたので、久々のキジトラたちともどもご紹介します。
 
ネコカゴの条件は、
4キロの猫2匹が入れること
毛が掃除機で吸えること
軽くて持ち運びが楽なこと
 
ぐらいだったのですが、なかなか見つからず、ダンボールでもいいか・・・とヤケクソになっていた時に出会った一品です。
 
f:id:kitagawaanimals:20150616093944j:plain
 
窓辺に設置してみたところ、大好評。
といっても、大騒ぎ・大喜びするわけではなく、感謝の意を示してくれることもなく、ただじ~~っとカゴで丸まっているだけですが、2匹がとても満足しているであろうことは分かります。
漬物石でも置きたくなるくらいの浸かりっぷりです。
 
このカゴに入るようになってから、特にビビリのキジトラ2号(毛色の淡い方)がカゴにいるときだけはなんとなく人を許容してくれるようになりました。(ただカゴから出たくないから逃げないだけかも知れませんが・・・。)
 
猫は、その場の雰囲気によって行動が大きく変わります。
同じごはんでも、いつもと違う場所に置くと新鮮な気分になってよく食べるとか、なぜかこの場所では人懐っこくなるとか・・・。
 
今回のキジトラ2号も、居心地のいいカゴができて心穏やかになったのかなあと思っています。2匹がカゴで丸くなっているところを、ムギュムギュっと浸かりっぷりを確かめながらそんなことを考えたりします。
 
 心穏やかになったおかげで、キジトラ2号もかなりの接写をさせてくれるようになりました。
 
f:id:kitagawaanimals:20150612094153j:plain
マンチカン的な体型は相変わらず。
特におもしろいコメントが思いつかないところも今までどおりです。
 
 
リラックス中(?)の接写もこのとおり。
 
f:id:kitagawaanimals:20150612094210j:plain
手首と指がナックリング状態ですが、整形外科的・神経学的異常はありません。
彼女はよく、この状態で熟睡しています。
 
営業部長のさび茶と違い、キジトラ姉妹とはあまりコミュニケーションがとれなかったので、このカゴをきっかけにもっと仲良くなりたいな~~と思う8年目の今日この頃です。
 
広告を非表示にする