さびときどききじ

静岡県掛川市の、きたがわ動物病院の獣医師によるブログです。業務とは無関係な記事の方が多いかもしれません。子供3人、猫3匹を養いつつ、木工、庭づくり、料理など、手作りにも果敢に挑戦しています。

受付に飾り棚を作りました

こんにちは。
きたがわ動物病院です。
 
今月は雨ばかり・・・
気持ちも何となく鬱々と・・・
3月の猫さん避妊手術ラッシュが過ぎ去りまして、
有り余る体力をもてあます今日この頃です。
こんなときは無心になって木工作業にいそしみます。
素敵な雑貨を見つけたこともあり、受付横に飾り棚を作ってみました。
 
f:id:kitagawaanimals:20150421214044j:plain
毎度のことながら、いきなりの完成図です。
受付のカウンターの上に茶色の2段の棚をつけました。
 
作製過程を簡単にご紹介します。
 
f:id:kitagawaanimals:20150421214058j:plain
樹種は「ブビンガ」というアフリカ産まれのマメ科の木です。
磨くとすごくつやがでますし、
赤茶色のワイルドな木目は男心をくすぐります。
欠点は木がとにかく硬くて加工が大変なこと・・・
この程度切り進むだけで、腕がパンパンです。
 
 次は、曲線切り。
f:id:kitagawaanimals:20150421214111j:plain
切った隙間にノミを叩き入れながら進んでいくと少しは楽になります。
それでもこのあたりまで来ると、あまりの辛さに時々白目になりかけます・・・
 
しかし、体力は有り余っていると言った手前、やめる訳には行きません。
 
f:id:kitagawaanimals:20150421214131j:plain
ようやく切り終えましたが、
楽をしようとノミを叩き込みすぎて木が割れました・・・
(木工にこういう場面はつきものです。少なくとも私の場合は・・・)
ボンドで接着して事なきを得ました。
 
 研磨をしてワックスを塗ったら、天板の完成です。
f:id:kitagawaanimals:20150421214152j:plain
こんな色の木はオイル塗装にすると地味な紫色になってしまいますので、
地の赤っぽさを生かしたい場合はワックスのみがいいような気がします。
 
 
f:id:kitagawaanimals:20150421214219j:plain
もともとあった木のボックスとダボで接合します。
棚板の反対側の支えは自作のブラケットを使ってみました。
 
f:id:kitagawaanimals:20150421214232j:plain
早速、飾りたかった自転車の置物をのせてみます。
アイアンの車体と木のサドルの組み合わせがとってもかっこいい。
ペダルもちゃんと回ります。
御来院の際はぜひご覧ください。