読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さびときどききじ

静岡県掛川市の、きたがわ動物病院の獣医師によるブログです。業務とは無関係な記事の方が多いかもしれません。子供3人、猫3匹を養いつつ、木工、庭づくり、料理など、手作りにも果敢に挑戦しています。

歯科用電動器具たちのお話

DIY 診療ーデンタルケア
こんにちは。
きたがわ動物病院です。
 
ちかごろ全身麻酔をかけて歯の処置をする機会が多いです。
動物病院での歯科診療は多岐に渡りまして、
  1. 歯石の除去
  2. 歯と歯周ポケットのクリーニング
  3. 歯槽膿漏になった歯の抜歯
  4. 遺残乳歯抜き
  5. うさぎさんの不整咬合を起こした歯の切削

などがあります。

歯石で茶色かった歯が、みるみる真っ白になりますので

「やった!!」感が強くてわたしの好きな診療科目の一つです。

ささくれ立った木を電動工具を使ってピカピカにしていくあの感じです。

・・・良く分からないですよね(笑)

口臭も改善されますので、飼い主さんにも喜んでもらえる事が多いです。

 

歯科治療に使う道具を一部ご紹介します。

f:id:kitagawaanimals:20150221184847j:plain
電動器具の全体を写真に収めるのが難しいので、先端のグリップ部分だけの撮影です。
歯科処置って、実際はあれこれたくさん器具を使うんですが、電動の器具はこれらがメインです。
いちばん左は、超音波スケーラー。
この先に取り付ける金属のチップが音波振動をして歯石を粉砕します。
 
真ん中と右はマイクロモーター。
先端にダイヤモンドの棒やブラシなどを取り付けて回転させることで、歯を分割したり、研磨・切削したりします。
 
 
スタンドは先日DIYで作りました(本当はこれを見せたかったんじゃないの?というご意見はご遠慮ください。)。
変わった模様の楓の木です。
写真の前面に少し見えるような縞々模様を「ちじみ杢」というそうで、
磨くときらきらしてとても美しくなります。
家具の天板などに使われると、普通の木目のものより希少価値から高く取引されるようですが・・・
 
f:id:kitagawaanimals:20150221184905j:plain
 
これは、家具屋さんの端材コーナーで買ってきましたので100円です(笑)
 
 木の話はさておき、グリップの先端に装着するチップがこちらです。
f:id:kitagawaanimals:20150221184922j:plain
左は、スケーラーの先端につけるチップです。先端の小さな穴からミストを出しながら超音波で振動して歯石を除去します。
スケーラーで歯石を粉砕すると、歯の表面に細かな傷が付きます。
「一度歯石取りをすると、歯石が付きやすくなる」
と言われているのは、この細かな傷をそのままにしてしまうから。
写真右に3つ並ぶブラシやゴム製のカップをマイクロモーターに装着して、低速で丁寧に磨いていくことで、この細かな傷が平坦になり、よごれの付きにくい歯にすることができます。
 
(わんちゃん、ねこちゃんの)口臭や歯石が気になる方は、ぜひ一度ご相談ください。