読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さびときどききじ

静岡県掛川市の、きたがわ動物病院の獣医師によるブログです。業務とは無関係な記事の方が多いかもしれません。子供3人、猫3匹を養いつつ、木工、庭づくり、料理など、手作りにも果敢に挑戦しています。

デンタルケアへの道・初級編

診療ーデンタルケア
こんにちは。
ついに寒気が到来しましたね~。
自宅の猫たちも、こたつの中とストーブの前を往復中です。
所在がわかりやすくていいですけどね・・・。
 
 f:id:kitagawaanimals:20141208115506j:plain
ストーブと見つめあう、さび茶ねこです。
 
 
さて、今日はデンタルケアのお話をします。
 
 歯のことって、「気にはなるけど、うちの子なかなか歯みがきさせてくれない・・・」
という声が一番多いように思います。
そうですよね、口に棒(歯ブラシ)をつっこまれるのは誰だって怖いです。
 
そんな皆様に、デンタルケアの方法をステップごとにご説明したいと思います。
おすすめのケア製品もご紹介しますね。
 
まずは、デンタルケアへの道・初級編。
大切なことは、「あせらず急がず、継続は力なり」です。
 
 
<ステップ1>
 
口を触られることに慣れさせましょう!
この段階では、歯ブラシやケア用品は不要です。
日常のコミュニケーションのひとつとして、口を触ったり唇をめくって歯を見せる
ことに慣れさせましょう。
ヒトのようにアーンと口を開く必要はありません。
 
毎日少しずつ触って、上手くできれば褒めてあげてください。
おやつを見せながら、触らせてくれればおやつをあげる、という流れを覚えさせ
てもいいと思います。
 
 
<ステップ2>
 
口を触られることに慣れたら、唇をめくって臼歯(奥歯)を確認してみましょう。
横長につながった山型の大きな歯が見えますか?
その歯より奥の歯と犬歯が、特に汚れやすいので、これらの歯を確認できる
ように練習してみてください。
 

f:id:kitagawaanimals:20141206113423p:plain

 
奥歯をじっくり見させてくれるようになれば、ケアもやりやすくなります。
 
<ステップ3>
 
指で奥歯をこすってみましょう。
人差し指にガーゼなどの布をまいたり、手袋や軍手をはめてください。
ステップ1、2の要領で奥歯を確認して、その外側(頬側)を優しくこすって
みて下さい。
 
指で歯をこすれるようになれば、まずは安心です。
食餌やおやつの後に歯を指でこするだけでも、効果があると思います。
デンタルケア初心者の方はます、ここまでを目標にしてみてはいかがでしょうか?
 
この段階ではあまりケア用品は必要ないかと思いますが、
こんなグッズもあります。
 
20141206114556
 
ヒト用のデンタル製品の大手メーカー「ライオン」さんから、
ペット用の歯みがきシートです。
見た目は携帯用ウェットティッシュのような感じです。
これを一枚指に巻いて磨くと効果的です。
外出先・お泊りの際なんかに便利ですね。
 
 
次回は、いよいよデンタルケア中級~上級編にまいりたいと思います。