さびときどききじ

静岡県掛川市の、きたがわ動物病院の獣医師によるブログです。業務とは無関係な記事の方が多いかもしれません。子供3人、猫3匹を養いつつ、木工、庭づくり、料理など、手作りにも果敢に挑戦しています。

砂場の蓋ができるまで

こんにちは。

自宅庭の砂場が完成したものの、蓋の製作が滞っていました。
なんとか完成のめどがたったので、ご紹介したいと思います。
 
悩んだあげく、素材は杉板にしました。
18cm幅の板を並べて、鉛筆で砂場内周に沿った線をひき、のこぎりで
成型します。
 
f:id:kitagawaanimals:20141108132830j:plain
 
 
 
並びを間違わないように番号をふります。
板の厚みが12mm程度なので、強度を出すために同じ板を2枚重ねて作ることに
しました。
これはその下側(内蓋)になりますので、砂場の内周に沿った大きさというわけ
です。
 
f:id:kitagawaanimals:20141108132850j:plain
 
天気が良かったので、自宅のさび茶ネコを放牧しながらの作業です。
 
f:id:kitagawaanimals:20141108133253j:plain
 
砂場を作った際に掘った土の土嚢山で日向ぼっこ。
 
さて、その内蓋を仮留めしまして、
Boschインパクトドライバーも最近バッテリーがへたってきました・・・)
 
f:id:kitagawaanimals:20141108132909j:plain
 
 
上蓋になる杉板を並べたその上に置きます。
 
f:id:kitagawaanimals:20141108132928j:plain
 
板どうしが垂直になるので強度が確保できます。
この状態で内蓋より少し大きくフリーハンドで型をとります。
毎度のことながらざっくりした説明ですが、かなりの手間暇です。
 
 
さび茶ネコ、まだ土嚢の山で遊んでおります。
 
f:id:kitagawaanimals:20141108133323j:plain
 
型をとったらば、その通りにノコギリで切断します。
 
実は、院長(と長男)はスギ花粉症でして、杉の木を室内で加工するとその木粉で
鼻炎が発動します。そのため、杉の木粉が出るような作業は外でやることになっております。外でやる際も院長は防護メガネ装着です。
 
そんなわけで、我が家では杉の木でできた室内用木工品もタブーです。
 
スギ花粉がある方は、花粉の時期以外にも杉の木でできた家具・建具にも
ご注意ください。意外な落とし穴です。
 
余談はさておき、外蓋も成形をしましたら、アウトラインが見えてきました。
ちょっと設置してみます。
 
f:id:kitagawaanimals:20141108133007j:plain
 
内蓋がぴたっとはまるまでの微調整がなかなか大変でした。
 
ふ~っ!今日の作業はここまでじゃ!
となったところで、忘れていました、さび茶ネコ。
 
 
f:id:kitagawaanimals:20141108133341j:plain
 
人生にあきあきしております。
花見の場所とりのようです。
 
その後しばらく天気が悪い日が続いたので、作業が中断しましたが、
先日やっと色塗りにたどり着きました。
 
準備した愛用の道具たちです。
 
f:id:kitagawaanimals:20141108133018j:plain
 
ペンキは、「ローズガーデンカラーズ」の「エクリュ」。と、右側の大きい缶は、カインズホームオリジナルのシリーズで、色名は「アンティークローズ」。
エクリュはいわゆるアイボリーで、これにすこ~しだけアンティークローズを加え
ます。
このカインズホームのシリーズは安くてなかなかしぶい色が揃っています。
プチサイズもあるので、ちょっとした工作にも手軽につかえます。
「アンティークローズ」は、いい色なんですが、塗ってみるとちょっとピンクが
強いかな~、もう少し茶色気味でもいいな~というわけで、単独では使わずに
白系・茶系のペンキに混ぜて使っています。
 
できあがりは、こんな感じです。
日向では白っぽく、日陰ではピンクがかって見えます。
 
f:id:kitagawaanimals:20141108133033j:plain
 
1度目は、アンティークローズ色が強くでてしまったので、もう少しエクリュを多めで、かなり水でといたものを、台所スポンジでさ~~っとランダムに上塗りして
あります。
 
ちなみに、この砂場ふたはこのままでは大きすぎて開け閉めが大変なので、
三分割してあります。
 
そんなわけで完成!
といいいたいところですが・・・取っ手がない!
たかが蓋、されど蓋です。
作ったからには取っ手がないといけません。
 
どんな取っ手にしたらいいか、実はいまだ検討中です。
とりあえず雨風・野良猫は防げるので一安心。
また取っ手ができましたら記事にしたいと思います。
 
 
ついでに、室内用のままごとキッチンを砂場の道具入れにすることにして、
同じように塗りました。
これで道具たち(ガラクタ?)も雨風をしのげます。
 
f:id:kitagawaanimals:20141108133046j:plain
 
 これから寒くなりますが、子供たちがここで元気に遊んでくれると嬉しいですね。
 
 
 
広告を非表示にする