さびときどききじ

静岡県掛川市の、きたがわ動物病院の獣医師によるブログです。業務とは無関係な記事の方が多いかもしれません。子供3人、猫3匹を養いつつ、木工、庭づくり、料理など、手作りにも果敢に挑戦しています。

砂場のできるまで②

こんにちは。

 

DIY砂場編②です。

 

破れた手袋と猫トイレでこねたセメント(参照:①)で、見事に砂場の外枠が

できました。

 

 

f:id:kitagawaanimals:20141011092120j:plain

 

個人的には、右後ろの花壇に少しかぶる配置というのが気に入っています。

 

f:id:kitagawaanimals:20141011091436j:plain
 
レンガがセメントで汚れています。
 
このまま放置しておくと、セメントが固まってしまいますので、
数時間おいて目地のセメントが固まり始めた頃に、レンガ表面についたセメント
をこすって落とします。
 
 
f:id:kitagawaanimals:20141011091450j:plain
 
お風呂そうじの要領です。
 
その後、丸1日程乾燥させればOKです。
 
 
セメントを使う作業が終われば、子供たちの出番。
 
砂場の底がむき出しの土のままでは、砂と土がまざってしまいますし、セメント
で固めると水が抜けなくなってしまいます。そこで、まさ土を使います。
 
f:id:kitagawaanimals:20141011091510j:plain
 
底一面にまさ土を敷きつめて、水をかけるだけ。
 
まさ土とは言いましたが、本気のまさ土は値段が高いので、ホームセンター
に売っている安い雑草ストッパー(おそらくまさ土の配合率が低いんだと思います)を使っています。
 
まさ土が固まれば、砂場の砂を投入です。
 
無事に完成いたしました。
 
f:id:kitagawaanimals:20141011091527j:plain
 
 砂は、これまたホームセンターに売っている「砂」です。
色がベージュなので明るい感じです。
 

 早速開放したところ、とっても楽しそうに遊んでくれました。
おかげさまで砂まみれですが...、外で楽しく遊んでくれるのが見ていて一番
気持ちがいいですね。

これでひとまず完成ですが、蓋をどうしたものか検討中です。
開けっぱなしだと、野良猫さんの高級おトイレになってしまいますので、
そこは防がなければなりません(衛生管理には気をつかいます。)。

庭のハード面の構築は、今が勝負。
砂場エリアのむきだしの地面を舗装するのが当面の目標です。