読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さびときどききじ

静岡県掛川市の、きたがわ動物病院の獣医師によるブログです。業務とは無関係な記事の方が多いかもしれません。子供3人、猫3匹を養いつつ、木工、庭づくり、料理など、手作りにも果敢に挑戦しています。

芝生を植えて1年になりました

こんにちは。
きたがわ動物病院です。
今日は庭の芝生のご紹介。
広いとメンテナンスが大変なので少しだけなんですが…
 
f:id:kitagawaanimals:20140729093202j:plain
品種は「つくばグリーン」。
うちの庭は日照が長くても5~6時間程度ですので、
耐陰性が強いとのことで選びました。
育ててみると、葉が少し幅広なのが残念ですが生育も早過ぎず
付き合いやすい品種だと思います。
昨年の春に植えましたのでようやく1年経ちました。
去年よりもだいぶ葉が密になりました。
茶色い所は肥料で傷んでしまった部分です…
 
f:id:kitagawaanimals:20140729093217j:plain
こっちは芝生のミニテラス。
何となく思いつきで作ってみましたが家族の評価は今一つ…
砂場に作り変えるようすでに指令が来ています…
 
f:id:kitagawaanimals:20140729093226j:plain
夏になって大活躍の芝刈機。
以前、西洋芝を育てていた頃はハサミで刈っていたのですが、
さすがにつらくなり昨年導入しました。
「トラッドモア」という機種ですが、
刈った断面が茶色くならないのに驚きました。
刃が良いからなのかな?
いづれにしてもオススメの一品です。
 
ところで、芝生って動物の診療に結構役立つんです。
わんちゃんは芝に連れて行くととてもリラックスしますので、
脚がおかしいと来院した子の歩様観察にもってこいです。
お家では歩き方がおかしかったのに、病院に来ると緊張のため
普通に歩いてしまったり、逆にカチンコチンで動けない子も多々遭遇します。
そのような場合は、飼い主さんにここへ連れて行って頂くことで、
自然な歩き方を見ることができたりします。
 
また、食欲不振で何も食べないという兎さんに刈りたての芝生が効く
ことも時々経験します。
青草の匂いと豊富な食物繊維が胃腸に良い刺激になるのかもしれません。
当然除草剤と殺虫剤フリーで育てています。
 
 
f:id:kitagawaanimals:20140729111216j:plain
外に出せと言うので出したのに、暑いと不満顔のうちのサビ茶です。
ご来院の際はぜひ庭も覗いていって下さい。