読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さびときどききじ

静岡県掛川市の、きたがわ動物病院の獣医師によるブログです。業務とは無関係な記事の方が多いかもしれません。子供3人、猫3匹を養いつつ、木工、庭づくり、料理など、手作りにも果敢に挑戦しています。

手術後の腹帯を作りました

こんにちは。
 
先日避妊手術をしたネコさんが、術後のカラーがつらいようで、急きょ腹帯を作ることになりました。
 
f:id:kitagawaanimals:20140507111209j:plain
 
う~ん、まさに試作品。ワールドワイドに発信するには完成度が低いですが...。
解説させてください。
 
まず、虫の肢のようなたくさんの紐...これが大切です。
ネコさんは体が柔らかいので、ゴムやマジックテープはNG。
スマートではないですが、紐を背中で結ぶのが一番いいと思います。
さらにポイントは、紐をつける場所が布の表側であること。
裏につけた方が見ためにはいいですが、布と体との間に隙間ができてしまい、肢が入ってしまいます。
 
布も、伸縮性があるものは肢をひっかけてしまうので、パリっとした厚手のものが良いです。今回は綿の起毛素材を使いました。
 後肢の穴は、ネコさんの股関節にフィットするようどらやきのような形にして、動いてもやぶれないようバイアステープでくるみました。
 
くだんのネコさんにつけたところ、カラーのストレスから開放され、手術部位をなめることもなく、無事にすごすことができたようです。
 
 
着用した写真を...というわけで登場しました。
自宅のさび茶ネコ、3Kg。
 
f:id:kitagawaanimals:20140507112254j:plain
 
このような感じで腹側がすっぽり覆われます。お尻周りは出ているので、排泄もOKです。彼女は昔から体に何かを身につけると立てなくなります…
 
ちなみに、ネコさんだけではなく、トイプードルのような細身のワンちゃん(雌のみ)でも使用できます。
 
今回は急な試作品でしたので、ありあわせの材料で作りましたが、次はもう少し丁寧に作って病院で活用しようと思っています。
 
さび茶ネコ、撮影後はご褒美のおいしいご飯をいただいて、満足げにお昼寝です。
 

f:id:kitagawaanimals:20140508203117j:plain